炎色反応を学ぶ

炎色反応についての学びのページへようこそ。
炎色反応を正しく理解するためには、まず「原子」の構造を学ばなければなりません。
ほかにもエネルギーだとか、抽象的なものを学んでいきます。
目に見える現象を学ぶために目に見えない物を学ぶなんて不思議ですが、専門用語も多く出てくるため、最初から学ぶとなるとスタートは「原子」なのです。
ここでは項目立てて炎症反応を紹介していくので、「ここまでは知っている」というところを飛ばして、いきなり本題に入るのもありですし、もう一度基礎から学びなおすのもありです。

それでは、「炎色反応の学び ~あなた編~」のはじまり、はじまりぃ~

そもそも、何で炎色反応を学ぶのか。その基本を。 まず、基礎的な原子のことについて学びます。 周期表...あの表の謎を探ります。 炎色反応は光を出す反応。光はどんなものか。色の不思議についてです。 原子の構造を細かく見ていきます。難しくなっていきますが、できるだけやさしくしました。 上の章を深く掘っていきます。やっと炎色反応につながります。 第1回から第5回までの内容を踏まえて、炎色反応を学びます。 炎色反応はどんなところで役に立つのでしょうか。…目立つ用途は少ないです。 ナトリウムの紹介です。アルカリ金属ではたぶん最も簡単に実験できます。 カリウムの紹介です。Naより実験が難しいでしょう。 銅の紹介です。銅は本当にすごい金属です。 バリウムの紹介です。説明はこれで最後です。